様々な用途で人気のカタログギフト!気になるメリットとデメリットとは?

Posted On
Posted By admin

本当に必要な物を贈る事が出来る!

カタログギフトの最大のメリットは、プレゼントした人に「本当に必要な物を贈る事が出来る」といった点です。こちらが良かれと思ってプレゼントした物でも、受け取った本人に必要かどうかを判断する事は出来ません。しかし、カタログギフトであれば、掲載されている商品の中から欲しいと思った物を選ぶ事が出来ます。「せっかく貰ったけど要らなかった」「良かれと思って贈ったけど迷惑になってしまった」というお互いが残念な気持ちになる事がありません。また、カタログギフトは異なる価格帯を用意しています。贈る相手によって適切な価格を選ぶだけなので、複数の人に贈り物をする時にかかるプレゼント選びの時間を大幅に削減出来ます。カタログギフトは、貰った側だけではなく、贈る側にも数多くのメリットがある事で人気を獲得しました。

貰った側が申し込み手続きを行う必要がある

カタログギフトのデメリットとしてよく耳にするのが「貰った側が申し込みの手続きを行う必要がある」といった点です。カタログギフトに掲載されている商品から欲しい物を見付けて、インターネットや付属しているハガキから商品発送の申し込みを貰った側がしなければいけません。カタログギフトの利用に慣れていない人は、少し手間取ってしまう事も珍しくありません。また、ほとんどのカタログギフトには「期限」が存在します。期限を過ぎてしまうと欲しい物があったとしても貰う事が出来なくなります。ちゃんと申し込みが出来るかどうかは、貰った側に委ねられるといった点をデメリットに感じる人も一定数いるようです。

カタログギフトは、贈る側としては非常に手軽、贈られる側には選ぶ楽しみがあり、双方にメリットがあります。

Related Post