カタログで選ぶ!贈る相手を気遣うギフトとは?

Posted On
Posted By admin

披露宴と出産祝いの作法と費用

本来の内祝いはめでたいことがあった際に、喜びを周りの人にもわけて祝うという意味が込められていました。その意味では出産なども内祝いになりますが現代においては、めでたいことがあり祝いを貰った後の返しとして内祝いを贈ることが一般的といえます。紅白の蝶結びによるのしで表書きには出産内祝、或いは内祝と記す場合が出産内祝いの決まりです。また一般的な出産内祝いの形式として下段には、赤ちゃんの名前を記入しますがこれは名前を披露するという意味になります。丁寧な印象を相手に与える内祝いとして赤ちゃんの名前の読み方が、難しい場合は読みがなを付け贈る時期は生後1ヵ月以内を心掛けましょう。

一般的な披露宴の場合は引き出物の相場は4000円から6000円程度になり、友人と上司や親戚など関係性により変わるためカタログギフトは予算によって贈り分けます。

カタログギフトのメリットと反面発生するデメリット

内祝いにおいて好みを押し付けず、自由に選ぶことができるカタログギフトは大変人気のあるギフトです。雑貨及びグルメなど幅広く扱うカタログをはじめとして、グルメにおける体験型に特化したものもあります。贈る相手を気遣いながら好みに合わせて、選べることがメリットといえるでしょう。一方でカタログギフトのデメリットは、贈られた側が欲しいものがない場合があることです。さらには引き出物や内祝いは新郎新婦が選んだ形あるものという固定観念が強い人の場合は、理解を得られない心配があることです。思い出に残らないもしくは新郎新婦の個性が出ないためつまらないなどです。他にも申し込みの有効期限が、ギフトの申し込みを忘れてしまい切れてしまう人がいることです。

本来、内祝いとは、家族や親せきといった身内や親しい関係の人に共に幸せを祝ってもらうことをあらわしていましたが、今では、結婚や出産などで贈り物をしてもらった方にお返しを贈るという習慣になっています。

Related Post