アンティーク家具を購入する時はどこに目を向ければよいのか?

Posted On
Posted By admin

高価な物を長く使うなら手入れのしやすさを重視しよう

アンティーク家具は、希少性の高い木材や部品を使用したものや、家具製造を専門とする職人やデザイナーが関わっているものが多くあり、国内外のインテリアのファンの間で支持されています。特に、高価なアンティーク家具を長く使い続けたい場合には、デザインや質感に注目をするのはもちろんのこと、手入れのしやすさについても重視するのがおすすめです。たとえば、水気や湿気に弱い材質が採用されている家具については、機能面や見た目など様々な問題が発生しやすいため、こまめに乾拭きをしたり専用のクリームを使って保湿をしたりすることが大切です。また、食器棚や本棚、箪笥といった大型のアンティーク家具のメンテナンスの際は、素人が対応しきれない部分もあるため、初めから購入先の担当者に任せると良いでしょう。

購入店のアフターサポートの有無や内容にこだわろう

アンティーク家具の展示販売を行っている店舗は日本中に多くありますが、長期にわたり良好な状態をキープするには、定期的に購入店にアフターサポートをお願いすることが重要となります。大手のインテリアショップや家具店の中には、アンティーク家具を購入した全ての顧客を対象に、一定期間内の無償点検や修理などのサービスを提供したり、家具の使い方やお手入れの仕方について担当者がアドバイスをしたりしているところもあります。なお、すでに製造から半世紀以上の年月が経過しているアンティーク家具については、パーツが外れたり錆びついたりと様々なトラブルが想定されるため、購入前に必ずサポートの内容を確かめておくことが肝心です。

アンティーク家具は、おしゃれな家具として部屋のアクセントにできる上、資産の一つとして活用することもできます。

Related Post