タバコから電子タバコに切り替えると得られるメリット

Posted On
Posted By admin

タバコに付きものの有害成分が少ない

タバコにはヤニの原因となるタールや依存性が高いニコチンなど身体悪い成分が数多く含まれていて、だからこそ世の中はタバコを排除する流れになっています。そのような成分はもちろん愛煙家の人にとっても良くないため、可能であれば摂取しないことが望ましいです。電子タバコは種類が豊富で、中にはニコチンまたはタールが全く含まれていないものも多いです。普段吸っているタバコをそのような種類に切り替えると、身体への負担を減らせるのが大きなメリットです。それは配合する成分を細かく調整できる、電子タバコだからこそ実現可能なことです。中にはただの香り付けをした水蒸気を吸うだけの電子タバコもあるので、将来的な禁煙を考えている人だと口の寂しさを紛らわせるために役立ちます。

周囲の環境にも合わせやすい

世の中の流れとしてタバコを吸うこと自体が敬遠されがちで、禁煙指定されていたり灰皿がない場合も多いです。しかし電子タバコであれば、その環境にも対応できるかもしれません。まず通常のタバコとは違う仕組みをしているため、ルールで縛られる部分が少ないです。水蒸気タイプであれば、場合によってはタバコを吸うようなアクションから周囲から苦情を言われたり説明をしなければならない可能性もあります。しかし厳密にはルール違反にはならず、吸っても法的な問題はありません。タバコと言えば副流煙によって周りに悪影響を与えている罪悪感が生まれがちですが、そのような心配もなく胸を張って吸うことができます。

vapeのタバコフレーバーは15mlで約1500円となっており、多く吸う方でも1日1mlほどで済むので1ヵ月で3000円です。紙巻きタバコを吸う方の1ヵ月にかかる費用は平均15000円ほどとされているのでvapeの方がコスパが良いです。

Related Post