禁煙に電子タバコが役立つ?使用に伴うデメリットは?

Posted On
Posted By admin

ニコチンが含まれていない

電子タバコの良いところは、ニコチンが含まれていないことです。紙巻タバコが禁煙しにくくなってしまうのはニコチンが含まれているのが理由のひとつで、いわゆる中毒状態になっているからとされています。その点、電子タバコにはニコチンが入っていませんので、中毒から抜け出す手助けとなる可能性があるでしょう。タバコを吸っている感覚は味わうことができるため、禁煙時の口寂しさで吸いたい気持ちになるという人にもおすすめのアイテムです。

フレーバーを楽しめる

紙巻タバコにはない様々なフレーバーがあるのも電子タバコの魅力でしょう。味の種類は幅広く、フルーツやジュースなど、好みに応じて選択することができます。また、リキッドと呼ばれる液体を自分で注入できるタイプの電子タバコなら、好みの味をブレンドして作ることも可能です。禁煙に成功をしても電子タバコ自体を趣味として続ける人も多いですし、普通のタバコとは違った楽しさを感じられるのではないでしょうか。

電子タバコを禁煙に使う注意点

注意点としては、紙巻タバコを吸いたくなるきっかけになる可能性があることです。本物のタバコとは吸い心地が違っていますので、電子タバコを使っている時にも物足りなさを感じ、また紙巻タバコに手を出すケースもあるのです。吸う行為自体をやめないと吸いたくなる可能性があるため、禁煙を成功させたい時には、どこかのタイミングで電子タバコ自体からの卒業を考えることも必要かもしれません。安全なリキッドばかりではない点にも注意しましょう。添加物に何が入っているのか不明な物もあり、健康への害となる可能性もはらんでいます。また、ニコチンが含まれるリキッドもあるため、特に海外から輸入をする場合は気を付けたいところです。

電子タバコとはこれまでの紙タバコと違い、タバコ葉を蒸して吸引するものです。タールが含まれておらず、ニオイも少なくなっています。

Related Post