壁面緑化ってどんなもの?メリットや注意点について

Posted On
Posted By admin

そもそも壁面緑化とは?

近年、よく耳にするようになった壁面緑化とはどのようなものでしょうか?簡単に説明すると、ビルや住宅など建物の壁面にネットやワイヤーなどを取り付けて、そこに植物を這わせて覆うことです。省エネや環境問題対策などその目的はさまざまですが、今大きな注目を集めています。

壁面緑化のメリットとは?

壁面緑化の大きなメリットのひとつは、植物で覆われるために直射日光が当たらないことです。強い紫外線などから建物そのものを守るだけではありません。壁面の温度の上昇を抑えることができるので、家の中も涼しくなります。また、植物からは水蒸気が発生するので家のまわりの温度が下がる効果も期待できます。冬にも植物が枯れない地域なら、水蒸気による乾燥対策にもなるかもしれません。このように、壁面緑化は建物の劣化を防ぐとともに、省エネにもなるので経済的にもメリットがあります。自治体によってはヒートアイランド現象などへの対策として壁面緑化に補助金を出している場合もあります。興味のある人は確認してください。

壁面緑化の注意点とは?

メリットが多い壁面緑化ですが注意点もあります。壁面に植物を這わせるにはネットやワイヤーを取り付けるなどコストがかかります。また、植物は生きているので水やりや剪定、枯葉の掃除などのメンテナンスが必要です。植物を食べようと害虫が発生することもあるので注意が必要です。

このように、壁面緑化にはメリットと注意点があります。壁面緑化の導入を考えている人は、専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

夏の日差しを遮るなどの目的で、つるの伸びる成長の早い植物を壁面緑化に役立てています。学校などでは、ゴーヤなどを育てることが多いですが、都会のビル群では、花が咲くものも多くなってきています。

Related Post